引越しの慌しさは本当に疲れる
私は引越しは荷物を運ぶときよりも、引越しを行うための事前準備のほうが疲れます。
数日間引越しのための荷造りに没頭しなければならず、また引越し当日の人手やトラックの確保などもあって、いろいろと忙しい日々が続くのです。
私が一番面倒に感じたのは、荷造りでした。
クローゼットや押入れの奥など、あまり普段見ないような場所にも荷物が溢れており、それを取り出して段ボール箱や袋に詰めていくことを考えると、かなり気が重くなりました。
また荷物の中にはもう使わないであろうものや要らないものなどの不用品があったりします。
その不用品を必要なものから分けていくのも、結構な手間でなかなか疲れる作業でした。
さらに引越し当日までに不用品を処分しなければならないし、本当に引越し当日まで慌しい日々が続きます。
私は引越しを何回か経験していますが、この慌しさは何回やっても慣れそうにありません。
引越しが終わってからの数日は、慌しい反動で無気力になることが私は多くなります。

私の長年の知り合いが引越しをします。
都会に8年間住んでいた知り合いですが、大学を辞めた事で引越しをする事となりました。

大学に通わなくなったのに高い都会の家賃を支払い続けているというのは、とてもお金が勿体無いこととなりますので実家に帰る引越しをするようです。
私は引越しの手伝いを頼まれたのですが、仕事がありましたし、睡眠時間も確保したかったので断ってしまいました。

社会人となると引越しの手伝いも中々難しくなってしまいます。
引越しをする友人本人は時間がとても沢山あるようなので、なんとか一人で引越し作業ができることだと思われます。

友人が引越しをするとなると交流もこれきりになる事だろうと思われます。
友人とは色々ありましたが、最高の良い思い出をくれた事は忘れません。

友人はお金が無いようなのですが、安い引越し業者を見つけて引越しを頑張って実家に無事に帰って欲しいです。
この場を借りて有難う友人、さようなら。

みなさんの多くの方もこれまでに引越しをされた事があると思います。
ですが、その際に多くの方は引越し料金を節約しようと思った事はないと思います。

それはどうしてかというと、これまでは普通どの引越し業者がお得かあまり考える事がなかったからです。
ですが、最近はそうでもないです。

それはどうしてかというと、最近はインターネットで引越し業者の比較をできるのでそれを利用すれば引越し料金をお得にできます。
ですから、私は最近引越しをした時にその引越し業者の比較サイトを利用してみました。

すると、私は引越し業者の比較サイトを利用して本当に良かったと思いました。
その大きな理由はなんといっても同じ引越しでも業者によって引越し料金にかなりバラつきがあったからです。

ですから、何も考えずに引越し業者を選んでいたらきっと私は高い引越し料金の引越し業者を選んでいたと思います。
ですから、みなさんも引越しをする時は引越し業者の比較サイトを利用されると良いと思います。

引越しのアルバイトでプロの大変さを実感
学校の春休みを利用しての1ヶ月ほどですが、私は引越し会社でアルバイトをしていたことがあります。
この時期は、引越しシーズンのせいか私のように学生で引越し会社でのアルバイトが初めて、という人が何人もいました。
お客様のところに出向く時は、アルバイト数名とトラックの運転ができる正社員、基本的にはこの組み合わせです。
特に、事前に研修作業のようなものは一切ありませんでした。
いきなり現場に出向いてのぶっつけ本番だったのです。
だから、正社員の苦労は並々ならぬものがあったことでしょう。
アルバイトに仕事を教えながら作業を進めなければならないのです。
そのうえ、アルバイトとは違いトラックの運転の仕事も兼ねなければなりません。
気の休む暇もなかったのではないかと思います。
アルバイトを行なうまでは、引越し作業なんて誰でもできる簡単な仕事だと思っていました。
でも、正社員の作業を実際に間近で見て、朝は早くから夜は遅くまで気が抜けないほど重労働であることがよくわかりました。

大失敗!荷物の量に驚いた
最近、引越しをしました。
4LDKの戸建て住宅から2LDKのマンションへの引越しです。
引越し前はクローゼットや納戸があって大きな家具が少なかったので、余裕の引越しだと思っていたのですが、あまりの荷物の量に驚いてしまいました。
結局、運ぶ予定だったデスクや本箱は、土壇場で搬出を断念せねばなりませんでした。
思いのほか小物類が多くて、50個のダンボール箱はほとんど使い果たされ、新居は未だダンボールの山のままです。
また、収納場所が少ないために、それらのものは行き場を失いそうです。
引越し屋さんに苦労して運んでもらったものも、梱包を開けながら一部は不要品として運び出さなければなりません。
何度も引越しを経験し、大きな家から小さな部屋への移動もありましたが、今度は完全に予想が外れてしまいました。
事前にかなり処分したつもりでしたが、捨てられないものが多すぎたようです。
毎日少しずつ梱包を開け、所定の場所に収納することで、快適な寝室を確保することが、現在の私の目標です。

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com